topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3匹目 - 2015.03.25 Wed

2月24日午後2時
久しぶりに雪が降り綺麗な雪の上で走らせてあげようと4ワンを車に乗せGO!
家から3キロほど離れた河川敷に向かいました。

着いてからボール遊びをしていてTenちゃんを見たら・・・・・何やら歩き方が変???

あれ?気のせいかな?なんて思って気にして見てたらやっぱりおかしい!
全員すぐに車に乗せて帰宅。

今までの経験から見た目急性のヘルニアだと判断
午後の診療が始まる4時までハウスで安静にさせてました。

Tenをクレートに入れて3時半に家を出て4時前には病院に着き受付
この日は雪が降ったせいか、いつもは激混みの病院が珍しく混んでなかったので4時半には呼んでもらえました。

診察の結果ヘルニアのグレード2・・・・・
内科治療にするか、手術になるのか、判断をする為にこの日はステロイドと痛み止めの注射をして帰宅。
翌朝グレード2から進行するようであれば即手術の予定に変更になります、経験上このタイプは進行性と思われますと言われた。
実はヘルニアは我が家3匹目
2匹目になった健太の時は、内科治療を勧められハウス生活に耐える事1週間
良くなってきて痛みが取れてハウスから出たくて興奮して、扉を開けた瞬間自ら扉に頭から激突して

ギャン!!!

私の目の前で健太の足の力が抜け腰も立たなくなった。
あの時のカルチャーショックは凄かった^^;
そんな経験から腰が取られる程のヘルニアになった時は後々の事を考えて切った方が完全に治ると思うようになってしまう。


翌朝25日
Tenの状態は変わらず、痛みも出てきてる。
状態を見て内科治療は無理だと思った・・・
PM6:00全身麻酔でCT検査に入りヘルニアを確認

翌26日PM9:00~手術
病院に向かってる途中運転していたのは私ですが、向かってる途中の半分の記憶がない・・・^^;

病院に到着
約2時間・・・生きた心地がしない長い長い時間の始まり

待っている間、他の患者さんの親と話をして少し気がまぎれる


PM11:00予定通手術終了
術後の先生の話ではヘルニアは2箇所あったらしく、出てた量も多かったらしいです。
そして、怪しい場所がもう1か所あったので合計3か所の骨を削って確認。
ただ出てたヘルニアは柔らかかったらしく、脊髄軟化症にもなってなくてスムーズに手術が進んだと言ってました。。

いつもの事だけど、術中撮った画像をパットでアップで見せられる事となる。


Tenちゃん、丁度1週間前に全身麻酔でスケーリングをしたばかりで
短期間での全身麻酔2回。。。年齢12歳半
この小さな体で耐えられるのだろうかと心配でしたが、本当に頑張ってくれました。
昨年Mayを失ったばかりの私に度重なる試練。私も耐えたけど
Tenの生きる力と先生に本当に本当に感謝!

1426684609489.jpg

術後本来なら切り口にはベッタリとテープを貼られるのですが
これが半端じゃなくかぶれるので、腹巻を持参。
傷口に滅菌ガーゼを当ててもらい腹巻で押えました。

1426684575952.jpg

入院中の病室の光景

病室の中は広く私は横になって添い寝が出来るくらいの広さなので
朝の面会時間開始から終了の時間まで付っきりでの看病。

1426684552011.jpg

3匹の中で1番大きな切り口になった・・・

そして、1番ビビりのTenちゃん^^;
朝から晩まで14時間私が付きっ切りで居るのに病院に馴染まず。
熟睡が出来ないんです。
原因の1つは、術後の痛み。
麻酔からの覚醒が取れた後の激痛は私が耐えられるものではなかった。
看護士や夜勤の先生にその事を伝えると、骨を削ってるので骨折をしているのと同じ状態だから
我慢してもらうしかないって言われ

私・・・プチ切れ!

人間であれば術後麻薬系のモルヒネを使って100%近く痛みを取るのに
犬だから我慢しろなんておかしい、モルヒネを使えとは言わないが痛みを取る事から治療の1歩が始まるのではないか?
との疑問をぶつけた。
その後手術をしてくれた院長先生と連絡をとってもらい、痛み止めを投与してもらった。

術後間もないのでこの日は深夜2時まで付き添いが許されたけど
置いて帰る時には心が引き裂かれそうになった。

翌朝8時からの面会時間に間に合うように到着してTenの様子を見て、まだ痛みが取れてない事が分かった。
前日からおしっこをしてなかったのと、シートでトイレをしない事を伝えていたものの
心配で看護師に聞くと朝6時に外に出してくれた時もしなかったらしいけど
お腹を少し押すと全部出してくれたと。
どんだけ我慢するの?って思ったけど背中が痛くて出来なかったんだと感じた。


術後2日、3日経ちステロイドを使ってもらい痛みは少しずつ落ち着いてきたように見えるけど
Tenはやっぱり病院に慣れず・・・^^;
リハビリ中も震えっぱなし。
他の子達は3日経てば入院生活にも慣れどんな音がしてても爆睡してたのに。

28日4日ぶりに、う○ちが出た!
外に出すと一生懸命歩こうとしている。
まだまだ腰がフラフラ~~状態
でも外の空気は気持ちいらしく、調子に乗って歩いて病室に戻ると痛みが出る・・・Tenちゃん何やってるの?(笑)

3月3日
朝から晩までの付き添いもむなしく、Tenは相変わらず病院に慣れず
先生に相談してみた。

仮退院させてもらい、一晩帰宅させてくれと言ってみた。

術後5日経過しているので退院してもいいと許可が下りる。
私は嬉しくて急いで帰る支度をした~

入院の為に家から持ってきた大量の荷物・・・4往復して車に積み込んだ

消炎剤・非ステロイド剤・ビタミン剤を受け取り帰宅!

家について興奮してたので、少しの間ハウスINしてもらい
その間に滑りそうな場所に引き物を敷き、Tenが他の部屋に行かないようにガードを付け
落ち着いてから解放した。

やっぱり家はいいなぁ~~~~~~~~~~~って声が聞こえてきそうなほど喜んだTenちゃん
病院では恐怖が先に立ち寝れなかったので家に帰ってきて爆睡をはじめた。
あの安心しきった顔を見ると連れて帰ってきて良かったと心から思った。

数日は寝る時ハウスで寝かせたので、私はハウスの前に布団を敷いて
何かあったらいつでも対応できるようにして寝た。(熟睡は出来ない)

5日検診の為病院に行く
経過はいいと言われたので嬉しくて寝る時だけ寝室を解放して
今まで通りに一緒に寝る事にした。

12日術後2週間
半分抜糸の予定で病院に行き、予定通り20針の半分、1つおきに抜糸した。

翌日、背中を絨毯にこすり付けてコロコロしてる~
痛み取れたんだね~

な~~~んて言ってる場合ではなかった・・・・・

パッカ~~~ンって、傷口が開いてる~~~◎Д◎;;
14日病院に行き診てもらった。

おかげでこれ ↓

1426684533498.jpg

医療用ホッチキスで
ガッチャン!
って止められた。

21日
検診と抜糸の予定を立てに病院へ
Tenの行動に先生もちょっと引いてて完全抜糸は4月4日に決定した。


今現在Tenは天気のいい日はフランケンのような背中を服で隠しルート散歩に出かけています。
歩くとアスファルトに爪を引きずる音がして、ふらつく事もありますが
食欲もあり元気に過ごしています。^^


長々とご観覧有難うございました。^^


※ランキングに参加しています、1ポチずつお願いします♪



犬の服
WEB SHOP 探検隊





小型犬の服
WEB SHOP 探検隊





犬のTシャツ
WEB SHOP 探検隊


スポンサーサイト

久々のワンピース «  | BLOG TOP |  » やっとでけた♫

プロフィール

maymama

Author:maymama


我が家の6ワンを限りなく愛する
世界1・宇宙1 の親バカです。

FC2カウンター

遊びに来てネ♪



Little Family
☆ダックスグッズの専門店です☆

我が家の6wan


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

☆お知らせ☆


ブログ再開しました♪
時々遊びに来てね~^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。